人気ブログランキング |

カテゴリ:フランス語でラブレター( 2 )

恋するフランス語 その2

エディット・ピアフの恋人は、当時、
人気ボクサーだった マルセル・セルダン。
試合の多い彼とは離れ離れになることが多く、彼はがいない寂しさを、このように書いています。

Je me demande à chaque fois comment je fais pour continuer à vivre quand tu n'es pas là. 

毎回、あなたの居ないここで、どうやって生き続けたらいいの?…と思うのです

comment je fais ?
私はどうしたらいいのだろう?
comment je dois faire ?
私はどうするべきなんだろう?
日常生活にも使えそうなフレーズですね

そして、いろいろな副詞を用いた愛の表現を見てみましょう

Je t'aime déraisonnablement , 
anormalement , follement , 
et je n'y puis rien. 

辞書をみると
déraisonnablement  常軌を逸して
anormalement 異常に
follement 狂ったように

日本語訳は、みなさんに、お任せします(笑

訳が難しいのは、je n'y puis rien ですね

これは、「お手上げだ」という意味です
puis はpouvoir の一人称の活用(peuxかpuis)

y pouvoir は〜に関して出来る、という意味。

j'y puis beaucoup. 
私はそのことに関しては多いに役に立つ
という意味になり、
Je n'y puis pas grand-chose. 
それに関しては大したことはできませんよ
という意味。

そして、手紙はこう続きます

C'est de ta faute, tu es magnifique 
それは、あなたのせいよ, 素敵だから。

どうですか?今日、好きな人に送るメールや
LINEの参考になりましたか?(笑

f0115627_13582951.jpg

by cuicuifrancais | 2019-05-28 13:57 | フランス語でラブレター

恋するフランス語その1

フランス語で上手なラブレターを書くには…本物のラブレターから、素敵な文章を学んでしまいましょう
あの有名な歌手のÉdith Piafと恋人でボクサーのMarcel Cerdanが交わしたラブレターを読んでみましょう

恋するフランス語その1 

今、恋人同士が連絡を取り合うのは…メールかLINE時代。
すでに、相手が誰だか、分かっているので、
〇〇君へ、〇○ちゃんへ、など、名前を記入することってないですよね。
でも、手紙となると、すぐに文章が始まるとおかしいので、名前を入れます。

通常は、
Monsieur○○(苗字)、 Madame○○、などですが、これは、恋人同士にはおかしい!
Cher ○○(名前)、Chère ○○、は、うーん、友達って感じ
じゃあ、名前だけ? それは、味気な過ぎます

では、なんと好きな相手に、手紙の最初に、呼びかけるのか?

ÉdithからCerdanの手紙の中には、

Mon adoré, Mon bel amour, Mon tout chéri, Mon amour chéri, など
おもしろいには、関係代名詞を用いた
Mon Seigneur que j'aime
Mon tout petit que j'adore ! もあります
毎回、呼び方の工夫をこらしていることが分かりますね

CerdanからCerdanの手紙の中には、
Ma chérie, Cherie, Édith cherie (男性が女性の場合、通常でもこの書き方はよく使います)

みなさん、LINE最初に、「大好きなあなたへ」「愛する君へ」…など書きますか?
相手がそう書いてきたら、どうですか?(笑  まあ、そんな悪い気はしないでしょうか?

日本では「愛は言わなくても分かるもの」なのかもしれませんが、
海外では、「愛は、口に出して言うもの」
たまーには、愛の表現をどこかに入れてみるのも、いいかもしれませんね


f0115627_12144169.jpg

by cuicuifrancais | 2019-05-08 12:14 | フランス語でラブレター