人気ブログランキング |

Des économies permettent d'avoir un matelas en cas de nécessité. 
という文章があり…うーん、

「いざという時に、貯金はマットレスを持つことを可能にしてくれる」  ??
貯金しておけば、寝るところに困らない 
という意味だろうか??

実は、matelas には、マットレスという意味の他に、「役に立つもの」と意味があるのです。つまり、上の文は、「貯金は、いざという時に役に立つものだ」という意味。

matelas は元々、どういう意味だったのでしょうか?

この言葉は珍しく、アラブから来た言葉。
アラブでは、matrash と言われており、
これは、なんと!chose jetée. (捨てた物)という意味。いらなくなったクッションを一枚の布にし、それを床に敷いて、昼寝する際に、再利用していたのです。

捨てた物、しかし、役に立つ、というところから、matelas =役に立つもの
という意味があるのですね!

やはり、言葉は文化であり、歴史ですね!
楽しいですね!


# by cuicuifrancais | 2019-06-07 08:59 | 言葉の語源っておもしろい!

その後も、変わりなくフィリップ2世は
インゲボルグとの離婚をローマ法皇に願い出て、彼女をずっと幽閉し続けます。
それも、かなりひどい待遇で。身の回りの世話をする人もなく、食事も粗末なものでした。

そして、その間に、フィリップ2世は、なんと、アニエスと結婚。おまけに、2人の間には、1男1女が生まれます! 「夜は無理!」という訳ではなかったのですね…。

しかし、ここですごいのは、インゲボルグの 我慢強さです。ここまでされたら、普通なら、もう故郷のデンマークに帰りますよね…

しかし!インゲボルグは帰りません!
更にローマ法皇に助けを求めます。

ローマ法皇も、離婚が成立していないのだから、アニエスとの結婚は重婚罪だとし、その罰として、フランスでの聖務停止を通告。
キリスト教行事を一切行わない、というキリスト教国家にとっては、厳しい罰です。

この当時、フィリップ2世は、イングランドのジョン王と激しく領土争いの真っ最中でした。

このように、教皇から支援を得れないのでは、戦いに専念できません。フィリップ2世は、「教皇がいないイスラム教徒が羨ましい」と悪態をつきながらも、一旦、アニエスと分かれることを決意。ジョン王を破った暁には、アニエスを迎えに行く、という約束がアニエスには伝わらず、アニエスは失意の中、弱って死んでしまいます。

悲しみと怒りに狂ったフィリップ2世は、
アニエスの死はインゲボルグの陰謀だとし、更に厳しく彼女を幽閉します…
全く理不尽そのものです…

結局、この話、フランスがイングランドに勝つためには、インゲボルグの実家であるデンマークの艦隊の力が必要となり、そんな理由で、インゲボルグは、再度、王妃として迎え入れられる、という結末。

全く解せないのは、

どうして、フィリップ2世は、インゲボルグと、夜の営みができなかったのか?

どうして、インゲボルグは、こんなにも
フランス王妃の立場にこだわったのか? 
実家のため? それとも、フィリップ2世が、
すごく美男子だったとか??

そう考えた理由が、1968年の映画「冬のライオン」の中で、フィリップ2世の役を、後にジェームス・ボンドを演じる、甘いマスクの
ティモシー・ダルトンが演じていたので…
フィリップ2世は、美男子だったのかな?と…

みなさんは、この2人の謎、
どう思いますか??

f0115627_09130405.jpg
f0115627_09131990.jpg
f0115627_09133948.jpg

# by cuicuifrancais | 2019-05-31 09:06 | プリンセス物語

昔はなかったOrdinateurって?

今では、当たり前のOrdinateur(コンピューター)。しかし、これは近代になって生まれたもの。よってギリシャ時代からの語源はありません。では、どうして、ordinateur という名になったのでしょうか?

この言葉は、1955年に作られた言葉。
当時のIBMのPR責任者が、calculateur(計算機)という言葉にちなみ、『calculateur électronique type 650』という名を付けたのですが…売れそうにないですよね…

そこで、文献学者だった Jacques Perret に
ネーミングのお願いをしたのです

そして、彼が名付けたのがOrdinateur 。
どこから、この名前をとったかというと、
聖書の1節『Dieu qui met de l'ordre dans le monde 』(世界に秩序を創られた神)から。

Ordinateur =mise en ordre 
(秩序を与える)
なのです。この新しい言葉は、すぐにフランスで受け入れられ、通常語となったのでした。

今では、この「秩序を与えてくれる機械」
がなかったら仕事になりませんよね。文明ってすごいですね!!

f0115627_08480552.jpg

# by cuicuifrancais | 2019-05-30 08:47 | 言葉の語源っておもしろい!

恋するフランス語 その2

エディット・ピアフの恋人は、当時、
人気ボクサーだった マルセル・セルダン。
試合の多い彼とは離れ離れになることが多く、彼はがいない寂しさを、このように書いています。

Je me demande à chaque fois comment je fais pour continuer à vivre quand tu n'es pas là. 

毎回、あなたの居ないここで、どうやって生き続けたらいいの?…と思うのです

comment je fais ?
私はどうしたらいいのだろう?
comment je dois faire ?
私はどうするべきなんだろう?
日常生活にも使えそうなフレーズですね

そして、いろいろな副詞を用いた愛の表現を見てみましょう

Je t'aime déraisonnablement , 
anormalement , follement , 
et je n'y puis rien. 

辞書をみると
déraisonnablement  常軌を逸して
anormalement 異常に
follement 狂ったように

日本語訳は、みなさんに、お任せします(笑

訳が難しいのは、je n'y puis rien ですね

これは、「お手上げだ」という意味です
puis はpouvoir の一人称の活用(peuxかpuis)

y pouvoir は〜に関して出来る、という意味。

j'y puis beaucoup. 
私はそのことに関しては多いに役に立つ
という意味になり、
Je n'y puis pas grand-chose. 
それに関しては大したことはできませんよ
という意味。

そして、手紙はこう続きます

C'est de ta faute, tu es magnifique 
それは、あなたのせいよ, 素敵だから。

どうですか?今日、好きな人に送るメールや
LINEの参考になりましたか?(笑

f0115627_13582951.jpg

# by cuicuifrancais | 2019-05-28 13:57 | フランス語でラブレター

École の意味って何?

学校 。最近はフランス語のécole (エコール)もよく見かけるようになりましたが、
まだまだ、学校は「School」ですね

このSchoolという言葉は、ギリシャ語の
「Shcola スコラ」から来ています。
どういう意味かというと、「仕事を辞めること!」えっ? なんだか、逆の意味では??

ギリシャ時代の文化人は、仕事をせずに、
いつも集まっては、議論をして時間を過ごしていたので、仕事をしない人たちが議論している場、が「schola 」となったのです。

それがローマに伝わって,今のイタリア語のScuola になります。どうですか?学校に行きたくなったでしょ?

あっ、でも、Scuolaとécole …似てるっていえば似てるけど、ちょっと無理がない?と思いますよね

ここからは言語学的にお話し。
ロマン語では、S+子音(Scouola)は音韻として成り立たない規則があり、その前に母音である「e」を入れたからなのです。

この規則があったのが、Rhéto-roman(東スイス辺り)からポルトガルにかけての地域で、
その証拠に、学校は
スペイン語で Escuela
ポルトガル語ではEscola 
です

学びは楽しいですね。
やはり、学校には、学びに行きましょう!
On va apprendre à l'école!!


# by cuicuifrancais | 2019-05-27 09:45 | 言葉の語源っておもしろい!