人気ブログランキング |

プリセス物語16(続き)王の王妃幽閉は、まだ続く!

その後も、変わりなくフィリップ2世は
インゲボルグとの離婚をローマ法皇に願い出て、彼女をずっと幽閉し続けます。
それも、かなりひどい待遇で。身の回りの世話をする人もなく、食事も粗末なものでした。

そして、その間に、フィリップ2世は、なんと、アニエスと結婚。おまけに、2人の間には、1男1女が生まれます! 「夜は無理!」という訳ではなかったのですね…。

しかし、ここですごいのは、インゲボルグの 我慢強さです。ここまでされたら、普通なら、もう故郷のデンマークに帰りますよね…

しかし!インゲボルグは帰りません!
更にローマ法皇に助けを求めます。

ローマ法皇も、離婚が成立していないのだから、アニエスとの結婚は重婚罪だとし、その罰として、フランスでの聖務停止を通告。
キリスト教行事を一切行わない、というキリスト教国家にとっては、厳しい罰です。

この当時、フィリップ2世は、イングランドのジョン王と激しく領土争いの真っ最中でした。

このように、教皇から支援を得れないのでは、戦いに専念できません。フィリップ2世は、「教皇がいないイスラム教徒が羨ましい」と悪態をつきながらも、一旦、アニエスと分かれることを決意。ジョン王を破った暁には、アニエスを迎えに行く、という約束がアニエスには伝わらず、アニエスは失意の中、弱って死んでしまいます。

悲しみと怒りに狂ったフィリップ2世は、
アニエスの死はインゲボルグの陰謀だとし、更に厳しく彼女を幽閉します…
全く理不尽そのものです…

結局、この話、フランスがイングランドに勝つためには、インゲボルグの実家であるデンマークの艦隊の力が必要となり、そんな理由で、インゲボルグは、再度、王妃として迎え入れられる、という結末。

全く解せないのは、

どうして、フィリップ2世は、インゲボルグと、夜の営みができなかったのか?

どうして、インゲボルグは、こんなにも
フランス王妃の立場にこだわったのか? 
実家のため? それとも、フィリップ2世が、
すごく美男子だったとか??

そう考えた理由が、1968年の映画「冬のライオン」の中で、フィリップ2世の役を、後にジェームス・ボンドを演じる、甘いマスクの
ティモシー・ダルトンが演じていたので…
フィリップ2世は、美男子だったのかな?と…

みなさんは、この2人の謎、
どう思いますか??

f0115627_09130405.jpg
f0115627_09131990.jpg
f0115627_09133948.jpg

by cuicuifrancais | 2019-05-31 09:06 | プリンセス物語