CuiCui★フランス語お料理教室 ★www.cuicui.jp chezcuicui.exblog.jp

CuiCuiは料理、歴史と共に、楽しくフランス語が学べる教室です★


by cuicui
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

プリンセス物語7 アンヌ・ド・キエフ

プリンセス物語7Anne de Kiev(アンヌ・ド・キエフ)

物語6でお話したコンスタン・ドゥ・プロヴァンスとロベール2世の長男アンリ1世に嫁いだ
王妃のお話。

アンヌは、27
歳の時にトルコからはるばるフランスにお嫁入り。彼女を一目見た王アンリ1世は、あまりの美しさに一目惚れし、すぐに彼女を抱きしめたと記録にあります。
世継ぎも立て続けに3人ももうけ、待望の長男フィリップ1世も誕生。しかし幸せな日々はそう長く続かず、夫アンリ1世はアンヌ35歳の時に死去。

まだ若くうら若い王妃は、幼い8歳の息子フィリップ1世の摂政となり、男性ばかりの政治の世界へ。その中で一番頼りになる、少し年上のクレピー伯のラウルがいました。仕事絡みで
親しい仲にはなりますが、しかし彼は妻帯者…アンヌも悩みます。しかし、アンヌ39歳の時に、すべてを捨て、ラウルと馬で駆け落ち!!夫の死後たった3年たらず、そして母親の責任まで放棄!アンヌは批判の矢面になります。しかし、この2人、めげることなく愛を貫くのです。

アンヌが50歳の時にラウル死去。その後は、なんと捨てた息子フィリップ1世が彼女を引き取り、王太妃の称号を再度与えます!!なんと、まあ、男性に助けられた人生でしょう!羨ましい限り。しかし、彼女は美しいこともさる事ながら、駆け落ちした時以外は、悪い噂もなく、きっと性格が良かったのでしょう。神に二物を与えられた女性ですね。

f0115627_00355651.jpgf0115627_00361985.jpg

by cuicuifrancais | 2015-03-25 00:36 | プリンセス物語