人気ブログランキング | 話題のタグを見る

プリンセス物語5 ベルト・ド・ブルゴーニュ

プリンセス物語5Berthe de Bourgogne(ベルト・ド・ブルゴーニュ)

4のお話でカロリング朝は世継ぎが生れずお家断絶。
有力な家臣であったユーグ・カペーが王に選出され、カペー朝が始まります。
そのユーグの長男ロベール2世。16歳の時に34歳年上の未亡人と政略結婚させられ
、離婚。それ以来、恋というものを知らずに生きてきた純真な青年でした。

24
歳の頃、すでに結婚していた27歳のベルト・ド・ブルゴーニュに出会います。ベルトの夫が病死して、やっとベルトと結婚…と思いきや、ベルトとは三親等内の縁者という理由で、当時の法王グレゴリウス5世に結婚を認めてもらえませんでした。それでも、愛を突き通そうとしたロベール2世。ついには、ベルト共々、キリスト教から破門されてします。キリストに見放された二人は悪魔同然の扱いを受けながらも、5年も破門生活を送るのです。
写真は1875年ジャン=ポール・ローランスによって描かれた「ロベール2世の破門」
オルセー美術館にあります。さあ、この2人どうなるのでしょうか?


プリンセス物語5 ベルト・ド・ブルゴーニュ_f0115627_00220265.jpg


by cuicuifrancais | 2015-03-25 00:22 | プリンセス物語