CuiCui★フランス語お料理教室 ★www.cuicui.jp chezcuicui.exblog.jp

CuiCuiは料理、歴史と共に、楽しくフランス語が学べる教室です★


by cuicui
プロフィールを見る

プリンセス物語4 アデライード・ダンジュー(又はアデライード・ブランシュ)

プリンセス物語4Adélaïde d'Anjou(またはBlanche)
アデライード・ダンジュー(又はアデライード・ブランシュ)
~ルイ5世(怠惰王)の妻~

カロリング朝の歴史
物語1のジュディットの息子シャルル2世(禿頭王)が西フランク王の王となり、
現在のフランスになりました。
その後、シャルル2世の息子ルイ2世(吃音王)(物語2)→ルイ2世の息子シャルル3世(物語3)→シャルル3世の息子ルイ4世(海渡王)(物語3)と王が続きます。しかしルイ4世の孫の代で何と、このシャルルマーニュを祖とするカロリング家はお家断絶。

ルイ4世(海渡王)の孫ルイ5世(怠惰王)には、今のロワール地方アンジェの土地を支配するアンジュー伯の娘アデライード・ダンジューが嫁いできます。しかし、可愛い王妃とはほど遠く、22歳年上、且つその前に2度も結婚し、2度も寡婦になった女性。何も知らないお子ちゃまのルイ5世の手に負える訳がありません。ルイ5世があまりにも子供で、耐え切れずアデラーイードから家出…離縁となります。ルイ5世は子ができぬまま、落馬で死亡…お家断絶となり、ルイ5世のあだ名は怠惰王。

しかし、その後アデライードは、プロヴァンス伯と結婚。コンスタンという娘をもうけます。
そして、その後またまたブルゴーニュ伯と結婚したとも言われています。
生涯5度も結婚した王妃。たくましいですね

f0115627_00094944.jpg


[PR]
by cuicuifrancais | 2015-03-25 00:10 | プリンセス物語