CuiCui★フランス語お料理教室 ★www.cuicui.jp chezcuicui.exblog.jp

CuiCuiは料理、歴史と共に、楽しくフランス語が学べる教室です★


by cuicui
プロフィールを見る

カテゴリ:プリンセス物語( 16 )

プリンセス物語15 フィリップ2世の1番目の王妃 イザベル

ルイ7世と3番目の妻アデルとの間に、やっと生まれた男児フィリップ。
ルイ7世45歳にして、初めての男児、のちのフランス王フィリップ2世です。
しかし、1180年フィリップ15歳の時に、ルイ7世は死去。王が15歳では若すぎます…
こんなこともあろうかと、妃に選ばれたのが、エノー伯の娘イザベル・エノー。当時10歳。

しかし、イザベルはすでに、ルイ7世と1番目の妻アリエノールとの間の娘マリー(シャンパーニュ伯に嫁いだ、フィリップ2世の20歳年の離れた異母姉妹)の息子アンリとの結婚が決まっていました。しかし、この婚約を無視して、フィリップ2世はイザベルと結婚…

しかし、このイザベル、10歳にして、どうしてこんなにモテるのでしょうか?
世にも驚く美少女だったのでしょうか?

イザベルがモテる理由は、その祖先ゆえ。イザベルの父エノー伯ボードワン5世の
祖先は、初代フランス王カロリング家 シャルル2世(禿頭王)の娘の子供。
シャルル2世の孫です。つまり、その末裔のエノー伯ボードワン5世、その娘イザベルは、
フランス初代王の血を引く数少ない存在。かなりの血筋なのです。

カペー家のフィリップ2世が、初代王家カロリング家の娘と結婚すれば、
フランス王家は、もう1つになったも同然。元カロリング家に仕えていた諸侯たちも
カペー家とカロリング家が1つになったのでは、王であるフィリップ2世に従うしかありません
こんな都合のいいことはありません。

異母姉妹マリーが嫁いだシャンパーニュ家が、エノー家とくっついて、
諸侯同士が同盟を組み、王家を脅かすことを何として、阻む必要があったのです。

そんなこともよく理解できず、イザベルはたった10歳でフィリップの妃に。
とにかく、フィリップ2世は、子供をつくり、王家を1つにし、うるさい諸侯たちを
黙らせたい、という思いだけ。なかなか子供のできないイザベルに冷たくあたる日々でした
しかし、10歳で嫁いで、すぐに子供が生まれるわけがありません…やっと、
1187年フィリップ2世22歳、イザベル17歳の時に、男児誕生。のちのルイ8世です。
しかし、ルイが3歳の時、イザベルは産褥で死去。

何とも短い人生…王妃とはいえ、王妃として、王に愛されていたのかどうか
大切にされていたのかどうか…知る時間もなかったのでしょう
f0115627_11132585.jpg

[PR]
by cuicuifrancais | 2017-02-03 11:14 | プリンセス物語
プリンセス物語14 ルイ7世の長女 マリー・ド・フランス

ルイ7世の家庭は何とも複雑ですね。
妻アリエノールとの間に
★長女 マリー 1145年生まれ
次女 アリックス 1150年生まれ
妻2コンスタンスとの間に
長女 マルグリット 1158年生まれ
次女 アデル 1160年生まれ
妻3アデルとの間に
☆長男 フィリップ 1165年生まれ
長女 アニエス 1171年生まれ
とこんなにも、異母兄弟がいるのです…

長女マリーと長男フィリップの年の差は20歳。マリーと夫シャンパーニュ伯アンリ1世との
間の長男アンリ2世は、1166年生まれなので、息子と異母兄弟がほぼ同い年ということになります。この時代、同じ父と持つ仲とはいえ、敵同士…ということは当たり前。マリーとフィリップも決して仲が良くはありませんでした。

1164年にマリーが19歳の時に、シャンパーニュ伯アンリ1世と結婚。長男アンリ2世をもうけ、
そして、アンリ2世にふさわしいお妃が見つかります。前の王家カロリング朝の末裔である
イザベル・エノー(1170年生まれ)。息子アンリ2世と、年ごろも、また家柄もピッタリの
仲。これで、安泰と思っていたら、マリーの身に踏んだり蹴ったりなことがたて続きに起こります。1180年、フランスの父ルイ7世が亡くなり、異母兄弟フィリップが、即位。フランス王フィリップ2世となります。王になった途端、息子アンリ2世の婚約者イザベル・エノー(当時10歳)と、結婚してしまったのです!1181年、頼りの夫シャンパーニュ伯アンリ1世が死去。もう、どうしていいのか分かりません…フィリップ2世に従うしかなくなってしまいました

そんな中、マリーの慰めは、文学。多くの作家が彼女の宮廷に仕えていました。
その中で、もっとも注目されていた物語作家は、クレチアン・ド・トロワ。
多くの中世を舞台にした、騎士の剣、愛、冒険、を描いた壮大な物語を書いています。
(獅子の騎士、荷車の騎士、聖杯物語など)ぜひ、図書館で読んでみてください
その中で、おすすめは、「荷車の騎士」宮廷の不倫物語なのですが…クレチアン・ド・トロワは
あまり不倫物は好きではなかったのですが、マリーを題材にして描いたと言われています

えっ!!不倫??誰と?と思いますよね…そう、この不倫、意外と知られた事実なのです。
さあ、相手は誰でしょうか? アリエノールとイギリス王ヘンリー2世との間の三男リチャード(1157年生まれ)です。異父兄弟で12歳年下の男性!うーん、いいですね!!
リチャードは、その騎士としてのまっすぐな勇敢さが讃えられ、獅子心王とも呼ばれていました。マリーが好きになるもの無理はないですね。リチャードも、派手さはなくも、芯が強く、賢いマリーのことは慕っていたのでしょうね。

リチャードは、十字軍の帰りにオーストリア軍の捕虜となり、幽閉されてしまいます。
部下はリチャードを探しに探します。すると、ある塔から、歌が聞こえてきたのです。
Ja nuns hons pris という有名な歌。マリーに捧げた歌であり、これを聞いた部下が、
リチャードの居場所を突き止めたのです。歌詞の中にある「詩をうたって、自らを慰めることが
できる」は、好きだったマリーが教えてくれたことなのかもしれないですね
https://www.youtube.com/watch?v=5Mth1M7787Q
(歌を聞いてみたい方、ぜひ、聞いてみてください)
f0115627_09334422.png




[PR]
by cuicuifrancais | 2017-01-19 09:34 | プリンセス物語
プリンセス物語13 ルイ7世の3番目の妻と子供たち

ルイ7世の1番目の妻アリエノール・ダキテーヌの大胆な浮気のせいで、散々なフランス。
ルイ7世は2番目の妻コンスタンとの間には男児をもうけることができず、1160年にコンスタンは死去。しかし、フランスのため、コンスタンが死去した同じ年に、3番目の妻を迎えます。アデル・ド・シャンパーニュ(Adèle de Champagne)です。力のあるシャンパーニュ地方からの妻。後ろ盾も強固。こんないい縁はありません。しかし、なかなか子供にめぐまれません…

やっと5年後、なんと、男児フィリップ(のちのフィリップ2世<尊厳王>)が誕生!
フランスは歓喜に包みこまれます!これで、フランスも安泰!

しかし、呑気にはしていられません。イギリスの王ヘンリー2世と元妻アリエノールの間には、
長男ウィリアム 次男若ヘンリー 三男リチャード 四男ジョフロワ 五男ジョンと男児を5人も
産んでいるのですから…

それに比べて、ルイ7世は、女の子ばかり…政略結婚でフランスを基盤を固めるしかありません
2番目の妻コンスタンとの間の娘 
★長女マルグリット→元妻アリエノールの次男若ヘンリーへ
★次女アデル→元妻アリエノールの三男リチャードへ(破談になりますが…12話参照)
と元妻のところへ娘を送り…

1番目の元妻アリエノールとの間の娘
(アリエノールは、この2人の娘を捨てて、イングランド王ヘンリー2世と結婚…)
★長女マリー(マリー・ド・フランス)→3番目の妻アデルの兄シャンパーニュ伯アンリ1世へ
★次女アリックス→3番目の妻アデルの兄シャルトル伯チボー5世へ
と、次は、3番目の妻の親戚と結婚させ、強固な婚姻関係を結ぶのです

3番目の妻アデル・ド・シャンパーニュとの間には、男児フィリップ、
そして女の子アニエスも誕生します。
★アニエス→東ローマ帝国(イタリア)の長男アレクシオスへ

このように、女子は四方八方へお嫁にいかされ、新たな地で、新しい運命を受け入れ、
生きていくのです…うーん、厳しいですね。プリンセス物語は尽きません…

(写真左:ルイ7世の3番目の妻 アデル・ド・シャンパーニュ)
(写真右:ルイ7世とアデル・ド・シャンパーニュとの間の子 後のフィリップ2世)

f0115627_08425350.jpg
f0115627_08501229.jpg



[PR]
by cuicuifrancais | 2017-01-12 08:55 | プリンセス物語
プリンセス物語12 ルイ7世の2番目の妻とその娘たち

妻アリエノールが。ヘンリー2世との間に、どんどん男児を産み…これは、フランスにとって、大きな恐怖となりました。母親がフランス人ということで、多くのイギリス人男児が、フランスの地の王位継承権持つことになるのですから…ルイ7世も離婚後、そう呑気にはしていられません。すぐに、新しい妻を見つけ、男児を産んでもらわなければなりません。2番目の妻は、コンスタン・ド・カスティーユ。しかし、女の子を2人(マルグリット・アデル)を生んだのち、産褥で死去…これまた、新しい妻を見つけなければなりません。いや、その前に、イギリスと何とか親戚関係を結び、事が起こらないようにしておかなければなりません。コンスタンとの間に生まれた長女マルグリット2歳を、もと妻アリエノールの次男若ヘンリー5歳の妃にすることを決めます。2歳のマルグリットは、イギリスに渡り、イギリスで育てられます。若ヘンリーとマルグリットは仲がよかったと言われています。また、次女のアデルも、若ヘンリーの弟リチャードにお嫁入り。兄弟姉妹同士の結婚となりました。しかし、この時、アリエノールとヘンリー2世が不仲になり、なんとヘンリー2世が、若いアデルに手を出してしまうのです…なんと、妻アリエノールを幽閉してまでも、若いアデルと結婚しようという狂気の域に…リチャードも父親と関係がある女性とは結婚できません。困ったルイ7世は教皇に特使まで派遣してもらうのですが、結局、リチャードから正式に婚約は破棄されることに…アデルはフランスに戻されますが、のち、20歳近く年下の貴族男性に嫁がされます…いつの時代も、女性は時代に翻弄されるのですね…そう考えると、アリエノール・ダキテーヌの大胆さには驚かされますね
(写真左は、2番目の妻はコンスタン・ド・カスティーユ、右が長女マルグリット。一番翻弄された次女アデルの写真は見つからず…)
f0115627_15473878.jpg
f0115627_15474456.jpg


[PR]
by cuicuifrancais | 2017-01-06 15:56 | プリンセス物語
プリンセス物語11-2Aliénor d'Aquitaineアリエノール・ダキテーヌの続き

フランス王家カペー朝6代目の王ルイ7世…夫にしたら、決して悪い夫ではありません。
真面目で、大人しくて、神を信じ信仰深く、うるさいことも言わない。
どうでしょう?いいと思いませんか?そして、この時代は、ローマ法皇の言い付けにより、
各国の王は、イスラム教徒と戦うため、十字軍を率いて、中東へ長年行ってしまい、留守。
「亭主元気で留守がいい」そして奥さん天下でした。

しかし、遊び好きのアリエノールは、この安穏として生活に耐えられず、夫が留守の間に、
男性を部屋に引き込み、やりたい放題。さすがの優しいルイ7世も、今度ばかりは許さず、
ついに離婚を口に出してしまいます。「そうですか、じゃあ、さよなら」とあっさりと
アリエノールは離婚を承諾。
それもそのはず、すでに、うら若き19歳の恋人イギリスのプランタジネット家の
ヘンリーがいたのですから…この二人の結婚で、広大な領土の引き継いだ一人娘アリエノールと
若き夫ヘンリーのイギリスの土地が一緒になり、フランスの半分の領土が、イギリス・プランタジネット家のものになってしまったのです…

残念ながら、ルイ7世とアリエノールとの間には、娘が二人…しかし、イギリスに渡ったアリエノールは、すぐに、男児(ウィリアム)を出産!!そして、のちに、フランスの宿敵となる次男リチャード、三男、四男と順調に男児を生みます…フランス、危うし!!(写真はヘンリー2世 下がエレオノール)f0115627_18115888.jpg

f0115627_17411639.jpg


[PR]
by cuicuifrancais | 2016-03-11 18:13 | プリンセス物語
プリンセス物語11Aliénor d'Aquitaine(アリエノール・ダキテーヌ)

前回は継母ベルトラートに殺されかかっても生きていたルイ6世の話をしました。
ルイ6世は継母から「肥満小僧」と呼ばれており、イケメンからは程遠い存在。
しかし、そこに10歳年下の妻アデルが現れ、8人の子に恵まれます。
ルイ7世という王位を継ぐ男児にも恵まれ、安泰な日々…
しかし、父になったルイ6世は、息子ルイ7世が可愛いため、とんでもなく欲張ばりに…
そして、大失態をしでかすのであります!

フランス全体の1/3にあたる領土アキテーヌの大領主、ギヨー厶・ド・ポワティエの
一人娘アリエノールを長男ルイ7世の嫁に迎えることに。そうすれは、この広大な領土も王家の物となる!!しかし、この一人娘アリエノール。嫁ぐや否や、宮殿の中でイケメン探しを始め…
夫には見向きもせず、宮殿はスキャンダラス事件でピンク色に染まるのではないか!と噂されるほどに…そんな中、ルイ6世は突然死去。

人妻恋愛大歓迎の妻アリエノールとルイ7世の行くすえはいかに??

f0115627_17411639.jpg
f0115627_17425105.jpg



[PR]
by cuicuifrancais | 2016-03-11 17:43 | プリンセス物語
プリンセス物語10 アデル・ド・サヴォワ (Adèle de Savoie

アデル・ド・サヴォワ(写真左)は、ルイ6世(写真右)の2番目の妻
フランスとイタリアのピエモンテにまたがるサヴォア公国の娘。

ルイ6世は父フィリップ1世に太りすぎたことを理由に捨てられてしまったベルトの子。
ベルトの後に妻となったベルトラード(プリンセス物語9参照)は前妻ベルトにそっくりの
丸々太ったルイ6世が大嫌いでした。

付けたあだ名は「肥満小僧」…何度殺そうとしても死なないので、挙句、サンドニ寺院にルイ6世を預けてしまいます。ここで知り合ったのが聖職者シュゼール。二人は親友となり、後、ルイ6世は彼に政治顧問を任せます。神聖ローマ帝国(今のドイツ)に攻撃された際、シュゼールの意見で
「オリフラム」(聖なる旗)を掲げ、兵士の愛国心をあおり、みごと勝利!

この妻アデルは23歳の時に、再婚の身である33歳のルイ6世に嫁ぎ、
順調に72女をもうけます。(前妻との間に子供ができず離婚しています)
今までになく、浮気や愛人とは無縁な堅実な夫婦…なのですが!!
この二人、フランスを揺るがす大きなミスを1つ犯してしまいます…
それは、また次回のおたのしみ!
f0115627_18245600.jpgf0115627_18202841.jpg



[PR]
by cuicuifrancais | 2016-01-19 18:43 | プリンセス物語
プリンセス物語9★Bertrade de Montfort(ベルトラード・ド・モンフォール)

8では、フィリップ1世の妻、ベルト・ド・オランドが、せっかく男児(のちのシャルル6世)
を出産したにもかかわらず、「おまえは太り過ぎだ」と言われ、実家に戻されたところまでお話しました。

その後、俄然、フィリップ1世はとにかくスタイルの良い女性を探しまくります…
そのおメガネにかなったのが、人妻のベルトラート・ド・モンフォール。
年代記にも「この夫人には、女特有の官能的な魅了がすべて備わっていた…」
と記載が残っているくらい色っぽい!
これを知った本妻のベルトはショックのあまり死去…

好都合とばかりに、フィリップは人妻のベルトラートと結婚!
しかし、いくら王でも、こんな不道徳は許されません。教皇の怒りをかい、破門され、
大事な第一次十字軍のリーダーから外されてしまいます。
しかし、懲りないフィリップ1世。よっぽど、ベッドの上の快楽に溺れてしまったのでしょうね…
それが原因かどうかは分かりませんが、フィリップ1世は急死。
そこでベルトラートも城から追放されます。まさに、代表的な「下げマン」なのでした…

f0115627_16524780.jpg



[PR]
by cuicuifrancais | 2015-03-25 16:53 | プリンセス物語
プリンセス物語8Berthe de Hollande(ベルト・ド・オランド)

7はカペー朝3代目アンリ1世の王妃アンヌ・ド・キエフの話でした。
今回は、その息子フィリップ1世の妻の話をしましょう。フィリップ…その名の意味はキエフの言葉で「馬好き」という意味。かなり変わった名前ですが、せっかく遠方から奥さんをもらったのだから、息子の名前は変わった名前にしよう!ということでこの名になったのです。

そのフィリップ1世の妻はオランダから来たBerthe de Hollande(ベルト・ド・オランド)
しかし王妃にはなかなか子供ができず、第1子目は女の子、そして8年経った1081年に
やっと男児を生むのです。その後、順調に男子を生み続けるのですが…なんと、急に
フィリップ1世が「出て行け!お前は太り過ぎた!私は痩せた女が好きなのだ!」と…
ベルトは泣く泣く実家に帰るのです…ひどい!!そう思いませんか??
フィリップ140歳、ベルト35歳の時の話でした…

f0115627_00570771.jpg

[PR]
by cuicuifrancais | 2015-03-25 00:57 | プリンセス物語
プリンセス物語7Anne de Kiev(アンヌ・ド・キエフ)

物語6でお話したコンスタン・ドゥ・プロヴァンスとロベール2世の長男アンリ1世に嫁いだ
王妃のお話。

アンヌは、27
歳の時にトルコからはるばるフランスにお嫁入り。彼女を一目見た王アンリ1世は、あまりの美しさに一目惚れし、すぐに彼女を抱きしめたと記録にあります。
世継ぎも立て続けに3人ももうけ、待望の長男フィリップ1世も誕生。しかし幸せな日々はそう長く続かず、夫アンリ1世はアンヌ35歳の時に死去。

まだ若くうら若い王妃は、幼い8歳の息子フィリップ1世の摂政となり、男性ばかりの政治の世界へ。その中で一番頼りになる、少し年上のクレピー伯のラウルがいました。仕事絡みで
親しい仲にはなりますが、しかし彼は妻帯者…アンヌも悩みます。しかし、アンヌ39歳の時に、すべてを捨て、ラウルと馬で駆け落ち!!夫の死後たった3年たらず、そして母親の責任まで放棄!アンヌは批判の矢面になります。しかし、この2人、めげることなく愛を貫くのです。

アンヌが50歳の時にラウル死去。その後は、なんと捨てた息子フィリップ1世が彼女を引き取り、王太妃の称号を再度与えます!!なんと、まあ、男性に助けられた人生でしょう!羨ましい限り。しかし、彼女は美しいこともさる事ながら、駆け落ちした時以外は、悪い噂もなく、きっと性格が良かったのでしょう。神に二物を与えられた女性ですね。

f0115627_00355651.jpgf0115627_00361985.jpg

[PR]
by cuicuifrancais | 2015-03-25 00:36 | プリンセス物語